Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハースストーンレジェンド到達デッキ解説/DMテンプレスパーデッキ作成方法

【ハースストーン】







使ったのはZooですね。デュエルマスターズのスタイル同様、使いやすいリストとなっています。


今のラダー環境ですが、流行っているのは新カードを入れたヒーローですね。
・ハンター...「やさしいおばあちゃん」「バーンズ」
・シャーマン...「メイルシュトロームのポータル」
・パラディン...「象牙の騎士」「バーンズ」

これらに加え、テンポメイジ、トークンドルイド、コントロールウォリアー、ドラゴンウォリアー、Zooが多かった印象です。
特にドラゴンウォリアーとハンターに多く当たりました。


私的に上記で得意なのは、ハンター、ウォリアー、メイジ、シャーマンですね。
AOE(全体除去)が少なく、手札を整えつつ、ボードアドバンテージを取っていけば勝てる相手です。

苦手なのはドルイド、パラディンですね。
ドルイドの終盤は一瞬でボードが壊滅する《戦の古代樹》や《セナリウス》が降ってくるので、それまでにライフを詰めておかないといけないのですが、《なぎ払い》がやはり脅威です。
1枚なら結構勝てるのですが、2枚持たれているとそれだけで負けが確定していました。
パラディンは《熱狂する火霊》《平等》《終末予言者》での豊富なAOEに加え、《禁じられし癒し》や新カードの《象牙の騎士》での回復が非常に辛いです。手札事故でもしてくれない限り勝てないでしょう。


昔ほど圧倒的に勝つ試合は少なくなりましたが、環境が変わりつつある今のこの環境は、Zooに有利だと思います。



【ガイド】


〔構築〕

よく見る《串刺しのゴーモック》や《リレイリロイジェンキンス》、《魂の炎》、《海の巨人》《イカレた錬金術師》などのバーストダメージを採用していないので、決定打を決めたり、無理なゲームをひっくり返す事は出来ない。
しかし、上記のカードが抱える「不確定さ」を取り除いた構築である為、ゲームプランを確定させやすく、継続的にアドバンテージを取れる構築としている。
特に今は序盤から小型のトレードを強いるデッキが多い為、場面毎に瞬間的なアドバンテージを取るよりは、継続的なアドバンテージを取る事を心がけた方が良い。


〔共通プレイング〕


上にも書いたが、継続的にアドバンテージを取るように心がける。大事なのは2点。


1点は序盤のボードの取り方。

序盤にどれだけミニオンを盤面に残せるかで、4マナカードの強さが変わる。《アルガスの守護者》を考え、最低でも2体はボードに常に残しておきたい。
《取り憑かれた村人》《アージェントの従騎士》は場持ちが良く、優位トレードをしやすいミニオン。
《炎のインプ》スタートの場合は、これを守るように場を捌いていくといい。序盤に3点ダメージを与え続け、中型ミニオンとトレードする事が出来る。
AOEの事を常に考え、一枚でゲームが終わらないよう立ち回る。
序盤に良いトレードが出来た場合は、展開を抑え、ヒーローパワーで手札を整える事が大事。
AOEが飛んでくる事が予想される場面で、相手が弱い動きをしてきたならチャンス。手札を使いきり、一気に畳み掛ける。ある程度処理された頃には、《凄まじき力》や《ドゥームガード》でのリーサルダメージ圏内にまで到達している。


2点目は《ドゥームガード》をどう使うか。

通常のトレード試合なら7マナ《ドゥームガード》からのヒーローパワーを狙う。
3ターン目までに相手がハンドを沢山消費し、無理して盤面を捌いて来た時には、5ターン目に《ドゥームガード》を出してハンドを1枚捨てても良い。
ハンドを2枚捨てる行為と、ヒーローパワーを打って弱い行動を続ける行為はしないように立ち回る。



〔マリガン・マッチアップ〕


〔共通マリガン〕


〈先攻〉
1コストは《取り憑かれた村人》《アージェントの従騎士》《炎のインプ》のみキープ。
上記のカードが1枚ある場合、1コスト候補に《鬼軍曹》を加え、「1・2・3」が最良で、「1・1・1」「1・1・2」「1・2・2」でも全キープ。

〈後攻〉
1コスト《取り憑かれた村人》《アージェントの従騎士》《炎のインプ》のキープは変わらず。
上記のカードが有る場合、2マナミニオンが居なくても《インプ・ギャングのボス》はキープ可能。
上記のカードが無い場合、《闇の売人》と《マーロックの鯛ド変態》のみキープ可能。



〔マッチアップ〕


対zoo:
・先攻は《取り憑かれた村人》《アージェントの従騎士》を展開してきちんとバフをしていけば負けない。
・後攻はコインが重要で、《取り憑かれた村人》《アージェントの従騎士》《インプ・ギャングのボス》を出せるかどうかにかかっている。
・とにかく場を空にしない事。相手が無理して盤面を掃いてきた時には、《ダイアウルフ・リーダー》を握ってからの《禁じられし儀式》が強力。


対ドラゴンウォリアー:
・《死憎悔いのグール》で盤面が飛ばないように立ち回るだけ。


対コントロールウォリアー:
・《シールドスラム》だけでこちらの中型ミニオンを処理されないように、シールドは減らしに行く事。
・中盤から大型ミニオンが次々と出てくるが、優位トレードが出来ないなら無視してフェイス。テンポ優先。


対アグロシャーマン:
・オーバーロードのカードを使われた後に、どれだけ返せるかが勝負のキモ。
・《炎まとう無貌のもの》は基本無視。バフや《凄まじき力》で上手く処理出来るなら捌く。


対ミッドレンジシャーマン:
・《取り憑かれた村人》《アージェントの従騎士》が非常に刺さる。
・フェイスよりも盤面を捌く事を重視。AOEを常に警戒する事。


対ローグ:
・回答がいくつもある為プレイングが噛み合っていないと厳しい。
・《ナイフの雨》に気を付けてフェイスを殴っているだけであっさり勝てる試合はある。


対ハンター:
・序盤からボード争いが始まるので、しっかりとバフしてトレードしていく。
・《やさしいおばあちゃん》が厄介。バフをかけられて2コスのミニオンとトレードされないよう、こちらの1/1でトレードしておきたい。
・《サバンナハイメイン》は基本無視。《猟犬を放て!》で壊滅しないように殴ろう。


対ドルイド:
・後攻のマリガンに余裕があれば《凄まじき力》と《闇の売人》を必ずキープ。
・《なぎ払い》対策に2/2を作り、並べるのが有効。《爪のドルイド》にも《凄まじき力》1枚で対抗できる。
・《闇の売人》は2/2のスタッツでありながら、《凄まじき力》を持ってこれる為、非常に優秀である。


対テンポメイジ:
・きちんと1コストミニオンを展開出来れば負けることはほぼ無い。
・《ウォーター・エレメンタル》の処理用に《凄まじき力》を握っておきたい。


対パラディン
・勝機があるとすればAOE後の大量展開です。《熱狂する火霊》《平等》のコンボはもう1セットあるとは考えにくいので、その後に7面埋めて全フェイス。何回かその戦法により気合で勝ちました。



---------------------------------------------------------------------------------



【テンプレスパーデッキの作成方法】



本当は環境内全てのデッキのテンプレレシピを載せるはずだったのですが、もうすぐ新殿堂がくるということで、黒赤バスターを例として、自分のテンプレスパーデッキの作り方を。


『テンプレスパーデッキとは?』


私が「効率良く」一人回しをする際に対戦相手として用意するレシピで、自分の考えで作ったレシピではなく、これまでのデータをもとに作ったテンプレのレシピです。
「大会で使われるレシピの平均値を取ったテンプレレシピ」を作ります。

テンプレレシピと言っても、ネット・リアル・西日本・東日本と様々なレシピがあり、こと黒赤バスターのようなデッキに関しては、これまで一度も全国区のレシピが無いので、48枚全てを想定する事は難しいでしょう。
サソリスなんかはループとそうでない型で46枚程はレシピが固まっていますね。

固まっていない場合どうするか。

その場合、「最近のCS入賞レシピ」「TPのCS使用レシピ」「vault対戦ログでのレシピの割り出し」 のデータをもとに、確率的にレシピを作ります。

Twitterとvaultが主な情報源です。
vaultではランキング上位の人やTPの対戦ログで見えたカードを一戦ずつ書き出し、被っているカードの枚数を見比べます。
5戦データを見比べれば、30枚くらいは割り出せるでしょう。

以上により出来上がったレシピがコチラ。



『テンプレ黒赤t緑剣』


1 x 禁断~封印されしX~/伝説の禁断 ドキンダムX
4 x 一撃奪取 トップギア
2 x 龍友伝承 コッコ・ゲット
2 x ゴーゴー・ジゴッチ
3 x 単騎連射 マグナム
1 x 爆炎シューター マッカラン
2 x メガ・マナロック・ドラゴン
1 x 熱血龍 バトリベンジ
4 x ボルシャック・ドギラゴン
1 x 熱血提督 ザーク・タイザー
3 x 革命の鉄拳
1 x 超次元ムシャ・ホール

3 x ウソと盗みのエンターテイナー
4 x 絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート
4 x 勝利のアパッチ・ウララー
4 x 蒼き団長 ドギラゴン剣


1 x ヴォルグ・サンダー/雷獣ヴォルグ・ティーガー
1 x ガイアール・カイザー/激竜王ガイアール・オウドラゴン
1 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x アクア・アタック〈BAGOOON・パンツァー〉/弩級合身!ジェット・カスケード・アタック
1 x 紅蓮の怒 鬼流院 刃/バンカラ大親分 メンチ斬ルゾウ
1 x 時空の指令 コンボイ・トレーラー/司令官の覚醒者 コンボイ



一見カードが散らばっていて汚いリストに見えるのですが、各役割の枚数はおさえています。


《蒼き団長 ドギラゴン剣》まわりのコンボカードは誰しもが4枚積んでいます。
《革命の鉄拳》《単騎連射マグナム》もほぼ3枚固定。
2~3コスト域の所謂初動クリーチャーは8枚の人が多いです。1番使われているのは《一撃奪取 トップギア》なので4枚。

《メガ・マナロック・ドラゴン》は減少傾向にあり、積んでないプレイヤーも見られますが、現状TPでは2枚が主流です。地方には3枚以上積んでいる方もいるので2枚でいいです。

《爆炎シューター マッカラン》《熱血龍 バトリベンジ》《 熱血提督 ザーク・タイザー》《超次元ムシャ・ホール》に関しては、TPでも2枚積む方や積んでいない人などバラバラでしたので、ピン投しています。

他に可能性のあるカードとして《デュアルショック・ドラゴン》や《第三種ベロリンガー》などがありますが、採用枚数は多くても採用人数はかなり少ないので積んでいません。
巷にあるカウンター特化型とは分けてスパーした方が懸命です。



こうして余計な事は考えずに、ただ「数」で見てテンプレデッキは出来上がります。

昔はこのテンプレデッキに自分の考えを混ぜ、綺麗に整えてからスパーをしていたのですが、やはり主観が入っていたので、いざ大会に出ると、全く方向性の違うデッキと当たっていました。

この「ズレ」を失くす為に3年前からずっとこのスタンスでやっています。

結果として、勝つ要素・負ける要素を見つけやすく、自分の使用デッキの調整相手として効率が良かったです。



1番良いのは、「全てのデッキと沢山回す」事です。

「《爆炎シューター マッカラン》《熱血龍 バトリベンジ》《 熱血提督 ザーク・タイザー》《超次元ムシャ・ホール》の組み合わせを2種ずつにして10戦やる。初動との組み合わせも試そう」

時間があればそれが最善です。でもそんな時間ないですよね。

時間を有効に使いたい方にオススメの調整方法です。



---------------------------------------------------------------------------------



【キューブドラフト】


お陰様で34回も開催する事が出来ました。
毎回CSに行くと「もこドラしたいです」と声をかけて頂いて、凄く嬉しいです。

そのキューブドラフトですが、つい最近殿堂や新カードも加わり、更に難しく、面白くなっています。

気になる方は是非コチラのアカウントをチェックしてみて下さい。






Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

某もこう

Author:某もこう
住所【高知県→岡山県→高知県】

【引退】ハースストーン
【引退】シャドウバース
【引退】デュエルマスターズ
【引退】ヴァンガード
【引退】ヴァイスシュヴァルツ
【引退】遊戯王
【引退】ウィクロス


【主な戦績】

DM公式 中国エリア 準優勝
(2013年冬)
おやつCS 関西 3人戦 第4位
(2014年夏) 
第1回山口CS 個人戦 準優勝
(2014年夏)
vault大会数字ランキング 7位
(2015年春)
DM公式 中国・四国エリア 第3位
(2015年12月)
おやつCS 5人戦 ベスト8
(2016年1月)
おやつCS 個人戦 第4位
(2016年1月)
第1回平安CS 第4位
(2016年3月)
第1回地下ラボCS 第4位
(2016年7月)

検索フォーム

最新記事

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

右サイドメニュー

リンク集

Twitter

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。