Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝-1 グランプリ エリア代表決定戦 中国大会 レポと考察

初公式
勝-1 グランプリ エリア代表決定戦 中国大会 オープンクラス
準優勝しました!

BbmcL1YCQAIgYOH.jpg


初めての公式でここまで来れた事に感動しつつ、優勝したかった悔しい気持ちも。
当日までの事を綴りたいと思います。


大会開始まで

三週間前
前準備として、調整用にテンプレメタデッキ(赤単、墓地、手芸、イエス、ビマナ)を組むが、
それらは調整することなく、地雷の発掘に取り掛かる。
<ギフト手芸><ギフトクリストファー><ドロマー天門>など色々地雷を組むも、
納得のいく構築を探せず断念。迷走

二週間前
一度環境を整理し、相関図を書く(自分のスタイルは紙に相関図を書いて頭で構築します)も、
ネクラ手芸がやはり秀でている。
そこで、赤単と墓地には弱かったが、手芸をメタれるイエスに着眼し、受けを強くした<STビート>を
組み上げる。
二者に対してイエスよりも勝率はかなり上がったが、勝率は決して高くなく、再び迷走

一週間前
ここでドロマーSTビートが公式でも結果を残し、トリガービート使用が濃厚となってきた。
ここからメタデッキにも触り始め、墓地・ビマナ・手芸を脳内完成させる。
赤単はブレイズクローP四枚を落札出来なかったので何かを悟りましたw
自分のトリガービートは、キルトを採用しており、クロック→キルトで、後攻からでもメーテルを焼ける仕様に
構築しました。

三日前
PRIDE君との夜間調整会。目的はトリガービートの研究。
一番問題となったのが、最初はビマナがおされていたが、ビマナが慣れると勝率が逆転すること。
これには自分もPRIDE君も驚きで、考えを改めさせられました。

金曜日
再度、トリガービートを練り直すも、墓地に勝率が伸びず、遂には手芸にも怪しい始末。
今まで必死に練ってきただけに、ダメージも大きく、不安と焦りが出てくる羽目に。

土曜日
この日は朝から晩まで補講があり、TCG外の友達に「顔死んでるぞw」とまで言われる始末。
ギリギリまで迷走しやすい自分とは分かっていても、今回は死んでいました。
トンカツと酒をお腹に入れただけの日。

0回戦
結局妹紅のスリーブはトリガービートに入れられたまま。さらにデッキシートを書けず。
ギリギリに起きて、いつもの四人(PRIDE、ぶどう、タカ)で列車に乗る。
時間はかからず、イオンへ到着し、会場前へ。後15分。
みんなと別れて、一人暗い通路で壁にデッキシートを広げる。
脳は何も考えてくれず、勝手に手が動き、書き始めたのは「解体人形ジェニー」。選択はシューゲイザー。
その時考えていたのは、「自分がこんなにメタし辛いデッキが弱いはずがない」という一心。
5分前に書き終わり、ギリギリ受付へ滑り込む。
ふっきれたのか、不思議と緊張や不安は消えていた。
開始まで30分説明があったので、妹紅のスリーブに入れ替える。(ここは仕方ないが、お行儀が悪かった)
プロモにする時間はなく、ジェニーだけMCで参戦。


予選

予選、本選とも空いてる時間は周りのデッキをちらちら見て対策していました。

四人総当たり。一人決勝進出。

一回戦:ネクラ手芸:おびゅんびゅんさん
相手の先攻ブースト解体ゾロスターをワンパンデスゲートで返し、テンポ取って圧殺。盾3

二回戦:墓地:あくあさん
マドンナが引けず苦しい展開に。終盤、ワンチャン耐えれるか負けを見越して盾を割に行くかの二択に
絞られるも、隣の試合が終わりそうになかったので、勝ちを狙いにいくも敗北。

隣も終わり、ここで四人が1-1で並び、盾数が絡んでくる状態に。

三回戦:ビマナ
最も盾を残さないといけないよう尽くし、盾を5枚残し、隣を観戦。
自分盾8確定。墓地6、手芸4。誰が上がってもおかしくない盾差。
まず殴り始めたのは手芸。墓地の盾を2枚まで減らす。ここで墓地と同率。場にはマドンナが。
墓地にワンパン入れろと願っていると、墓地が逆転し始め勝利する。墓地盾8。スペシャルゲームへ。
「六枚カードがあります。そこから三枚ずつ引いて、パワーの合計の高いほうの勝利で」
自分17000。相手15000。ぎりぎり決勝トーナメントへ進む。


決勝トーナメント

一回戦:赤単:ぱなきさん
相手、後攻トップギアのみ。追いつかれず勝ち。

二回戦:ネクラ手芸:アゴミさん
40分の長丁場。
ブースト解体解体手芸何かで、こちらの手芸アシッドが落ちる。しかし相手のマナに強い生き物が
見えなかった為、落ち着いてマドンナをプレイ。アシッドで徐々に盤面を返す。
相手はハンドレスで手芸の効果を毎回使っていた為、6マナ以上にならず。
高飛車でLOを狙おうと考えたものの、高飛車が見えなくデスゲートが盾にない、さらに山に無色が
二枚しかなかった為、ずるずるいっても押し切られると考え、ビートをプランする。
アシッド二体を軸に、デスゲートを避けつつビート。途中でお互い高飛車をトップ出しするも、
デスゲで除去し、そのまま圧殺。

三回戦:墓地
相手が初手事故していたらしいが、先攻グレンニャー・カーペンターで事故と気づけず。
此方後攻ノーブーストでオチャを握っていた為、厳しい顔して体を反らし、手札を卓に軽く叩き付けるように伏せ、
腕組をして待機と一芝居うつ
功を奏したのか、グレンニャーアタックの返しにSBオチャをプレイし、ノーアク・マドンナと繋げる。
途中GTクロスで削られるも、スカイソードで盾4OR盾1残しを意識してプレイし、
アシッドでマドンナ破壊・シューゲイザー踏み倒しから、GTを残したまま吸い込むを踏まずに殴り勝ち。

準決勝:5色:アラジンさん
ライフ4ミラクル4は負ける気がしないです。私ならエナジーライトを積みますね。
相手事故って、解体でミラクル抜き、何もさせずに殴り勝ち。

決勝:シータt白黒:Oさん
相手事故でこちらブーストノーアク解体ギガホーン手芸解体とこちらのペース。
相手は半ば諦め状態、此方はその態度に少々血が上る。
しかし、相手の手札の永遠龍をどうする事も出来ず、この後ビートに移る事に。
アシッドを出し、手芸でハヤブサ出しのパンチ。盾からレイジクリスタル。一気に血の気が引く。
手芸バウンス・アシッド破壊。残りの解体ホーンでパンチ。ライフを踏んだが、残り盾一枚。
返しに社永遠龍でホーン破壊。残り解体ハヤブサマル。
解体パンチ...盾から吸い込む
カツキングを回収され、頭が真っ白に。
後は制圧され、圧殺負け。

結果準優勝でした。


感想

初めての公式でしたが、緊張は全くなく、ベストコンディションで戦えたと思います。
高知勢VSアーク勢の経験から、試合中にマスクをしたのも落ち着けて正解でした。
(自分は普段から落ち着いていると言われますが、偶に考えが顔に出るため、その対策でもあります)

自分も相手も事故を多発するというゲームになりましたが、レシピのブースト枚数の都合上、
有り得ない事ではなかったと思います。
そしてそれは不正解の元に成り立ったのではなく、ブーストに枠を割くよりは最大値を上げた方が結果的に
上に上がれたという証明
だったのだと思います。

何より、予選をスペシャルゲームで上がらせて頂いたので、優勝したかったです。
けれど、初公式で結果を残せて嬉しかったです。胸を張って高知で新年を迎えれます。


構築

ネクラシューゲイザー
ネクラシューゲイザー
1 x 光牙忍ハヤブサマル
2 x 光器パーフェクト・マドンナ
2 x 純潔の信者パーフェクト・リリィ

4 x 解体人形ジェニー
1 x 威牙忍ヤミノザンジ
4 x 地獄門デス・ゲート
2 x 天真妖精オチャッピィ
2 x 鳴動するギガ・ホーン
3 x 高飛車姫プリン
4 x フェアリー・ライフ
4 x ピクシー・ライフ

4 x 神聖麒 シューゲイザー
3 x 神聖斬 アシッド

2 x 無頼聖者スカイソード
2 x 策士のイザナイ ゾロスター


始めに言います。この構築は調整用に数回しか回してありません
しかし、理論で考えてこれ以上のレシピは無い、と自負しています。

切ったカード

■オラクルジュエル
「これを引いたターンはマナに埋めてターンエンドする」というテキストが抜けています。

■ラグマール
論外

■青銅
「ブレイズ2コスナインSAは諦める」というテキストが抜けています。

■リーフストーム
苦手な場面をケア出来るが、やはり限定的。なくはないといった感じ。

■ホネタン
発動タイミングがシビアすぎる。積むなら2枚。

■デーモンハンド
相手はデスゲートを4枚積んできます。

■無色大型
枠なし。枠があったら他よりこれを積んでおけばよいという感じ。
オルタナティブ:相手のテンポを崩し、自分のテンポも崩すカード。

一番増やしたかったのはザンジでした。


【考察】
中国地方は環境も固まり、「E3版通常環境」とまで言われていたほどでした。
構築にもその影響が見られ、ビマナは解体ロストを、墓地は吸い込むやサイレントスパーク。
赤単は解放4投。手芸にはオラクルジュエルをメタとして搭載するまでに。

自分は傍から見たら、この考えを半ば否定するレシピとなった訳です。
極論、「デッキメタを放棄した」と言えるかもしれません。

しかし思えば、このネクラ手芸を握ったこと自体が、自分としては「デッキメタを放棄した」と言える訳で、
結果的に他のデッキとデッキパワーで差が付き、勝利出来たのだと思います。

まさか第二期某もこうの課題が「デッキメタ放棄」だったなんて夢にも思いませんでしたw
今までずっと弱みに付け込む地雷的な考え方しかしてこなかったので。

新たな考え方に出会えて良かったです。


感謝

沢山の応援、お褒めの言葉、有難う御座いました

思えば半年、資産ばっかり増やして、自分でも何やってるんだと呆れる始末。
しかし、当日の支えとなったのは今までの考えでした。

メタとしての概念。下は前日のTwitter抜粋。
「メタ読みしようが、尖った構築にしようが、苦手なもん有る限りは運というサブゲームで負ける。
 高知で学んだ事は違う。全部に取れないと意味がない」
「メタるって言いながら、本当は表で打ち合いしてただけ。表がどんなに傷付いても、プレイヤーの心は折れない
 だからいつまでも環境に蔓延る。内側から心を折るのが自分のメタなのに、ただ殴り合いしてた」

続いて、高知CS、のじぎくCSでのメタ読みミス・プレイミスの経験。

全てが当日の支えになりました。

特に身近で付き合って下さった岡山勢には感謝しています。


これから

具体的な目標はまだありませんが、
DM、VG、YG、WSの順に結果を残していければなぁと思っています。(長い道のりですがw)
DMは、来年の公式優勝を目指します。そしてお金と時間のある限り誰かとCSに行こうと思っています。
これからも応援宜しくお願いします。


一度高知へ帰り、新年を迎えます。
22日にショップへ出向いてお土産配ります。
最後の大会に出られる方はご健闘お祈りしています。

今後も定期的にブログを書くかは分かりません。需要あれば書こうかなといった感じです。


稚拙で長い文章となりましたが、お読みいただき有難う御座いました。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

某もこう

Author:某もこう
住所【高知県→岡山県→高知県】

【引退】ハースストーン
【引退】シャドウバース
【引退】デュエルマスターズ
【引退】ヴァンガード
【引退】ヴァイスシュヴァルツ
【引退】遊戯王
【引退】ウィクロス


【主な戦績】

DM公式 中国エリア 準優勝
(2013年冬)
おやつCS 関西 3人戦 第4位
(2014年夏) 
第1回山口CS 個人戦 準優勝
(2014年夏)
vault大会数字ランキング 7位
(2015年春)
DM公式 中国・四国エリア 第3位
(2015年12月)
おやつCS 5人戦 ベスト8
(2016年1月)
おやつCS 個人戦 第4位
(2016年1月)
第1回平安CS 第4位
(2016年3月)
第1回地下ラボCS 第4位
(2016年7月)

検索フォーム

最新記事

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

右サイドメニュー

リンク集

Twitter

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。